浜松の任意売却・住宅ローン問題解決の専門家 不動産相続の専門家 不動産問題解決のナビゲータ オフィスSANO
不動産コラム
  • HOME »
  • 不動産コラム »
  • 不動産相続

不動産相続

知っておきたいポイント!「契約後の相続が発生した場合/契約の履行」

不動産売買の場合、売買契約を締結後から決済・物件引渡しまでに約1~3ヶ月程度要するケースが殆どです。その間に契 …

相続税・贈与税の納税猶予制度

中小企業の事業承継税制を適用するためには、「資産保有会社」と「資産運用会社」に該当しないことなっています。国税 …

2016年分 静岡県内の相続税申告額 3.4%増、459億円

名古屋国税局が、このほど発表した2016年分の相続税申告状況によると、静岡県内の申告税額は2015年比3.4% …

知っておきたいポイント!『底地と借地権の交換』

戦前から70年近く継続してきた借地関係だが、地主も借地人も代替わりしています。それぞれの立場で悩みがあります。 …

知っておきたいポイント!『小規模宅地等の特例/私道の土地の共有部分』

 下の図のような場合に、被相続人は相続開始直前においてB土地に居住していたことから小規模宅地等の特例の適用が …

知っておきたいポイント!「義兄が自分より年下の場合、義兄を養子にできる。」

不動産取引は、わかりにくく面倒な手続きが多くあります。しかも高額になるので適当に扱うわけにはいきません。とはい …

「何をすればよいか?」わからないことが問題⁉

不動産取引を行う場合に多くの士資格者・専門家が関わります。例えば、相続が原因で農地の一部を売却する場合、農地法 …

税制改正により相続税の課税対象者の割合が、1.8倍に増加!

平成25年度の税制改正により、平成27年1月1日以降の相続から基礎控除額の引下げ等が行われています。平成27年 …

平成30年1月1日以降に「広大な土地の評価」が変わる・・・?

平成29年税制改正大綱で平成30年1月1日以後の相続・贈与から「広大地の評価」が廃止され、新しく「地域規模の大 …

相続税を不動産で物納する場合、広大な土地の評価について

相続する不動産に広大な土地(宅地)があり、相続税の現金による納付が困難なため、不動産で物納をしたい。その際の広 …

« 1 2 3
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.