浜松の任意売却・住宅ローン問題解決の専門家 不動産相続の専門家 不動産問題解決のナビゲータ オフィスSANO
  • 不動産相続
  • 任意売却

不動産コラム

事業用借地において借地人の金融機関から地主承諾書を要求されたら?

事業用定期借地などの案件で、借地人(借主)が建物建築資金の融資を受けようとする場合に金融機関が建物に抵当権を設 …

不動産売買における通常の取引と任意売却による取引の違い「物件内の残置物等の処分」・「瑕疵担保責任」

これまで、任意売却による取引について「境界の明示義務」・「裁判所の許可&債権者の同意」について書いてきました。 …

「ローン特約」には、「解除権留保型」と「解除条件型」の2通りの特約があります。

不動産の売買では金額が高額になるため、一般的に買主は、金融機関から融資を受けて不動産を購入します。そのため、買 …

不動産売買における通常の取引と任意売却による取引の違い「裁判所の許可&債権者の同意」

前回のブログでは、「境界の明示」義務について書きましたが、破産管財人による任意売却で不動産を購入しようとする場 …

不動産売買における通常の取引と任意売却による取引の違い「境界の明示」

通常の不動産取引では、売主は買主に売買対象物件の引渡しまでに、隣地との境界を現地において明示しなければなりませ …

任意売却・不動産問題解決のナビゲータ オフィスSANO
不動産用語集::R.E. words::
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.