浜松の任意売却・住宅ローン問題解決の専門家 不動産相続の専門家 不動産問題解決のナビゲータ オフィスSANO
不動産コラム
  • HOME »
  • 不動産コラム »
  • 気づき

タグ : 気づき

知っておきたいポイント!『マイホームを共有で所有する場合の注意点』

共働きの家庭や親からの贈与でマイホームを新築・購入する場合に、税金の事を気にして共有名義で購入されるケースが多 …

知っておきたいポイント!『任意売却と競売の違い/固定資産税』

通常、不動産売買において売買対象になった物件の引渡日にて固定資産税・都市計画税の清算を行います。今回は、固定資 …

団体信用生命保険は、債務控除の対象になるか?

マイホームを購入する際に、殆どの方が住宅ローンを利用しています。その際に住宅ローンの借入れ時に金融機関から加入 …

2019年1月13日から「自筆遺言」が変わります!!

平成30年7月成立の改正民法において、遺言制度について主に2つの改正点があります。一つは、「自筆証書遺言の作成 …

行方不明者の財産を処分したい時は、どうするれば良いか?

相続人に行方不明者がいる場合、当然ですが遺産分割協議ができません。その場合、「失踪宣告」制度を利用すると、行方 …

借主(買主)の法人からマイナンバーを提出を求められたのは…なぜ?

ある貸店舗のオーナーから、「借主(法人)から、”マイナンバーの写しを提出して欲しい。”旨の通知が届いたが、どう …

事業用借地において借地人の金融機関から地主承諾書を要求されたら?

事業用定期借地などの案件で、借地人(借主)が建物建築資金の融資を受けようとする場合に金融機関が建物に抵当権を設 …

「ローン特約」には、「解除権留保型」と「解除条件型」の2通りの特約があります。

不動産の売買では金額が高額になるため、一般的に買主は、金融機関から融資を受けて不動産を購入します。そのため、買 …

不動産売買における通常の取引と任意売却による取引の違い「裁判所の許可&債権者の同意」

前回のブログでは、「境界の明示」義務について書きましたが、破産管財人による任意売却で不動産を購入しようとする場 …

不動産売買における通常の取引と任意売却による取引の違い「境界の明示」

通常の不動産取引では、売主は買主に売買対象物件の引渡しまでに、隣地との境界を現地において明示しなければなりませ …

1 2 3 8 »
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.